頚椎椎間板ヘルニアの治し方。牽引編。病院での治療

この記事では、頚椎椎間板ヘルニアの治し方についてご紹介します。今回は、頚椎椎間板ヘルニアになった場合の病院での治療法を教えてもらいました。主に牽引が使われることが多いようです。それでは、現役看護師の長澤さんに教えてもらいましょうーー^^。

頚椎椎間板ヘルニアの治し方。牽引編。病院での治療

doctor

頸椎椎間板ヘルニアの治療においては手術を行う手術療法と、手術をしないでリハビリや牽引、薬物療法などを行う保存療法に分けられます。

手術療法は保存療法を行っても症状の改善が見られない場合や、ヘルニアが消失しても同じ部位からヘルニアの再発を繰り返す場合などに行われます。頚椎椎間板ヘルニアの手術は腰椎椎間板ヘルニアの手術よりも、手術におけるリスクが高く、リスクの内容も重症なものになってしまいます。より慎重に手術療法の選択がされます。

保存療法としては頭部にベルトを装着して牽引する頸椎牽引療法や頸椎の安静のために頸椎カラーとよばれる装具を装着が一般的です。これにくわえて頚部のマッサージなどのリハビリも併用されることがあります。

ただしマッサージなどのリハビリにより症状が悪化することもあるのでなにかしら症状が増強したり、おかしいと思うことがあればすぐに報告しましょう。頸椎牽引療法においても症状が強くなったり新たな症状がでることもありますので注意が必要です。

無料7日間メルマガ


このメルマガは、椎間板ヘルニアの解消に効果的な、エッセンスの体操を、日を追って、ちゃんと理解して取り組むべき順番に一日ずつ配信しているメルマガです。

メルマガのために収録したビデオが7個お届けします。今すぐ無料で登録して、7日間よむと、身体が軽くなります。ぜひお楽しみください

注意!携帯の方(特にDocomo)は初期状態だとエラーになり、メールが届きません。

登録したあとに変更しても、メルマガが届かないので

かならず、登録する前に、518@mario.pink から、メールが届くように、携帯の設定を確認してから登録してください。

登録が無事完了すると、すぐに【0通目】のメールが届きます。1分以内に届かない場合は、エラーになっています。

その場合は、他のアドレスでお試しください。おすすめは、パソコンのメールアドレスで登録していただくと、読みやすいです。

さて、それでは、痛みのない世界で、また再会いたしましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ