腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアの研究をしている藤田の椎間板ヘルニアの体操をご紹介するまえに、ヘルニアの復習をしましょう。

まず、最初に、私の友達の看護師の長澤さんに、椎間板ヘルニアとはどんなものか、まとめていただきましたので、ごらんください。

doctor

ふつうの椎間板ヘルニアとは

一般的に背中の骨のことを背骨と呼ばれていますが、医学的には脊柱と呼んでいます。

ちなみに脊柱は

・頚椎(7椎体)
・胸椎(12椎体)
・腰椎(5〜6椎体)
・仙椎(5椎体)
・尾椎(3〜5椎体)

5つのパートににわけられます。

それぞれ「椎体」と呼ばれる骨から成り立っています。

椎体が積み木だとすれば、その積み木を縦に積んで一本の塔にしたものが脊柱となります。

その積み木と積み木の間でクッションの役割を果たしているのが「椎間板」です。

この椎間板があることで上下の椎体がぶつかったり、こすれあうことなく、体がうごかせるようになっています。

柔軟に身体を捻ったりすることができるわけですね。

この椎間板がなんらかの原因で積み木(椎体)からはみ出してしまった状態

それが頭になにもつかない普通の「椎間板ヘルニア」というものになります。

腰椎椎間板ヘルニアとは

そのなかでも、腰椎は、5〜6個ありますので、

腰椎のどこかの椎間板がはみ出してしまった状態が「”腰椎”椎間板ヘルニア」です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては

1:ヘルニアより下の部位の腰やおしり・足のしびれ。
2:歩行困難。
3:触った感じが鈍い・感覚がない(知覚鈍麻・麻痺)
4:ビリビリする痛み

などがあります。

つぎに一般的にクリニックや、病院で行われている腰椎椎間板ヘルニアの治療方法と治し方をご紹介します。

手術療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療には大きく手術をする手術療法があり、手術には少なからずともリスクはあります。

保存療法

安静や牽引などで治療をしてヘルニアが自然に吸収されていくのをまつ保存療法があります。

手術療法

保存療法でヘルニアが吸収されない場合や、保存療法でヘルニアが消失しても何度も再発をするなどの場合

症状が強く早急に手術をしなければ症状が改善しなかったり進行するリスクが高い場合に手術療法が選択されます。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアの治療において手術療法も保存療法も再発のリスクはあまり変わらないといわれています。

保存療法

腰椎牽引は骨盤にベルトを装着して錘で引っ張ります。

体重などを基準にして軽めの重さから牽引を始めます。この治療で症状の改善をする人もいらっしゃいます。

が、しかし、なかには症状を強めてしまう人もいますので、少しでも痛みの増強など、なにかおかしいと思う点があれば、すぐに報告しましょう。

保存療法では基本的にコルセットなどの装着をして安静にしたり、

腰椎牽引や筋力を強化するための体操などのリハビリを行います。

基本的には、保存療法では入院は必要ありません。

他にも神経ブロック注射や非ステロイド性消炎鎮痛薬・筋弛緩薬を用いる薬物療法があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする